にじ*じゅう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじ*じゅう

アニメ・マンガのネタが多めです。

このブログは移転しました。移転先→新ブログ

MENU

マンガ『蒼き鋼のアルペジオ』1巻の感想( ^ω^ )

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)

※ネタバレもあるので注意。

 

アニメがきっかけで読み始めた原作だけど、こっちも面白いよ( ^ω^ )

個人的に思う1巻の見所としてはこんな感じ( ^ω^ )

 

1巻はほぼアニメと同じストーリー

原作とアニメは後半のストーリー展開が全然違うんだけど、1巻はほぼアニメと同じ( ^ω^ )

アニメと同じ、というかアニメが原作と同じなんだけどねw

 

でも違う部分もあって、主にイオナが違うかな。

イオナ弐号とかいるからねwww

ナノマテリアルがあれば、コピーみたいなのが作れるってことなんだろう( ^ω^ )

 

対タカオ戦

1巻のクライマックスはタカオ戦なんだけど、人間の勘や戦術の勝利、という感じだよね( ^ω^ )

でもこの勘は、それまでの状況の蓄積から千早群像が閃いたものだったりするんだよね。

こういうところでリアリティが増して、より面白さが増すんだよなぁ( ^ω^ )

 

負けたタカオは、1巻の段階ではデレてないよ( ^ω^ )

でもその兆候は見られるwww

 

原作とアニメの1番の違いはイオナ

基本的には無表情でクールなイオナだけど、時々コミカルな描写があるんだよね( ^ω^ )

特にイオナ弐号はコミカルな気がするwww

一家に1人欲しいなwww

 

イオナのクールさとコミカルさの違いって、実はそのときに一緒にいる人の性格を真似ているんじゃないかな?

1巻のイオナはまだ自我が弱い印象なんだけど、だからこそ真似しているのかなと。

群像といるときは無表情だけど、四月一日いおり(わたぬきいおり)と一緒だと、舌をベーと出してたり浸水した艦内で泳いでたりするんだよねwww

特にいおりは役割上イオナ弐号と一緒にいることが多いんだけど、弐号がコミカルに見えるのはいおりの性格の明るさから来ている気がする( ^ω^ )

 

 

1巻はストーリー的に難しくないけど、巻が進むに連れて難しい部分も出てくる『蒼き鋼のアルペジオ』。

感想を書こうと思ったのは、備忘録的な意味もあるwww

私の頭が悪いだけとも言えるwww\(^o^)/

 

f:id:nijinojunin:20161104061836j:plain

f:id:nijinojunin:20161104061837j:plain

 

マンガ『蒼き鋼のアルペジオ』他の巻の感想( ^ω^ )

次の感想→

niji-junin.hatenablog.com