にじ*じゅう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじ*じゅう

アニメ・マンガのネタが多めです。

このブログは移転しました。移転先→新ブログ

MENU

10月期放送アニメが「放送延期続出」 構造的な問題を指摘する報告書も

雑記・その他

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

2016年クライシス

この言葉は他の記事でも見かけたけど……

完全に当てはまってるよね/(^o^)\

 

TOKYO MX(ローカル局)だから落とすハードルが下がってるっていうのは本当か?w

今はテレビでもBS11があったり、ネット配信があったりで、落としたときの影響自体は昔より広範囲になってると思うんだけど……

 

海外の配信サイトとの契約もあるだろうし。

そっちは在京キー局より厳しそうなイメージ……

海外はすぐ裁判やりそうじゃないか?

実際のところは知らないけど\(^o^)/

 

構造的な問題を指摘する報告書

呟き内のリンクのpdfが報告書ね。

ものすごいページ数だけど、30ページにまとめがあるから、興味がある人はそこだけでも読んでみると良いよ。

図が見辛いw

 

今これだけアニメの本数が増えた理由は、リスク分散のために作品を増やしたことに加えて海外(主に中国?)から需要増、ってことかね?

結果的には落とすという別のリスクを負うことになったわけだけど/(^o^)\

 

また、製作委員会も出資者の組成や窓口権の交渉が難航して、契約に至るまで時間を要することも多く、発注額が大枠でも決まらないと動き出せない元請もいるほか、さらにはスケジュールの遅延を避けるため、発注額が決まるまでの制作費を元請が製作委員会に代わって補填しているケースも多くみられる。

こうした製作委員会を要因とした遅延は、①~⑰に示されるように、他工程のスケジュールの遅延にも影響を与えている。

アニメーターさんの呟きでも上流工程の遅れを指摘しているものがあったけど、これ最上流の話じゃないか?\(^o^)/

アニメ制作って、IT業界で言うところのウォーターフォールモデルに近い(というか、そのもの?)はずなんだけど、前の工程が遅れると全てが遅れるんだよね。

ウォーターフォール・モデル - Wikipedia

これが原因の作画崩壊も、実はけっこうありそう……

 

現場の作業の問題点(人が足りない、クオリティが上がりすぎ等)はけっこう見るけど、こういう契約段階の問題の指摘は今まで見かけなかったよね。

そこはちょっとフェアじゃない気がするわ……

 

来年の1月はもっとやばいという話も聞こえてきているけど、アニメ制作の環境はどうなるんだろうな(;゚д゚)ゴクリ…