にじ*じゅう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじ*じゅう

アニメ・マンガのネタが多めです。

このブログは移転しました。移転先→新ブログ

MENU

『シン・ゴジラ』4DXで観た感想 初めての鑑賞は4DXではない通常上映の方が良いかも。

上映が始まってもうすぐ1ヶ月が経とうとしているわけで、今更だけどwww

(゚ε゚)キニシナイ!!

 

主に4DXで観た感想ですよ、と。

若干のネタバレはあるかもしれないけど、なるべくネタバレにならないように書く……つもり。

 

初めて『シン・ゴジラ』を見る人に通常の上映を勧める理由

世の中色んな映画があって、4DX向きの映画もあればそうでない映画もあるわけよね。

で、『シン・ゴジラ』がどうかというと……

ギリギリで4DXに向いている、あるいはギリギリで4DXに向いていない、そんな微妙な位置にいる気がする\(^o^)/

 

観た人は分かると思うけど、会議等の会話のシーンがとにかく多い。

もちろん映画(会話劇)としては面白いんだけど、これは4DXには向かないシーンが多いってことなのよね。

椅子があんまり動かないからねwww

 

もう1つ、ゴジラと自衛隊の戦闘だったり街が破壊されたりと、ゴジラが大暴れするシーン。

ものすごい迫力があるし、リアリティもある。

日本のCG技術もここまできたか…!!(ガタッ

と、感動さえした( ^ω^ )

でも……

遠くから俯瞰するような、そういうアングルもけっこう多かったはず。

その点も、4DX向きかどうかと言われると……

戦車やヘリや戦闘機からの動きのあるアングルが多いと、4DX向きになるんだけどね。

ただ、映像の迫力はあるので、全く向いてないというとわけでもないんだよね。

だから判断の難しいところよね。

 

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『ガールズ&パンツァー劇場版』を4DXで観た人には、物足りなく感じると思う。

 

映画そのものは面白いよ!!!

若干、批判チックな(批判というより、向き/不向きというだけなんだけど)ことを書いてきたけど、映画自体はものすごく面白いよ!

映像の迫力やリアリティはこれまでの怪獣映画の中で断トツだし、怪獣が襲ってきたときに政府がどう対応するのかという点に的を絞ったストーリーは斬新だし、見応えは間違いなくある!

歴代ゴジラの中でも、1番恐いと思うし。

全てのゴジラ映画を観たわけじゃないけどねw

 

お勧めの鑑賞方法

映画自体は面白くてお勧めなので、まずは通常上映を観て、もう1回観たいと思ったら4DXで観る、というのが私のお勧めかな。

普通すぎる結論www

 

【余談】『シン・ゴジラ』に人間ドラマや人の死が描かれていないという批判について

まぁ、政治家と官僚の人間ドラマではあるんだけどねw

 

描く的を絞ったということだと思うけど、個人的にはこれで良かったんじゃないかと。

政府の対応にリアリティを持たせて描いた怪獣映画って、これまでにはなかっただろうし。

逆に言えば、人間ドラマや人の死を怪獣映画で描くっていうのは、既にやってきていることなんだよね。

既にやってきたことだからこそ、庵野総監督はあえてそこは外したんじゃないかと。

いや、分からんけどwww

 

あ、尺の都合はあったと思います( ^ω^ )