にじ*じゅう

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にじ*じゅう

アニメ・マンガのネタが多めです。

このブログは移転しました。移転先→新ブログ

MENU

アニメ制作会社の平均収入は10年前の3分の2に 円盤と配信の売上高を合算すると別のものが見えた気がした

雑記・その他 雑記・その他-お金とアニメ(コンテンツ)

nlab.itmedia.co.jp

 

/(^o^)\ナンテコッタイ

まぁでもそんな気はしてた\(^o^)/

 

元になった記事はこれみたいね。

www.tdb.co.jp

そして私が気になったのは、記事中のpdfの内容な。

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160805.pdf

制作会社の収入は、2006年をピークにそこでバブルが弾けて減り続け、2009年以降はほぼ横ばい。

一方アニメの制作本数は、2006年でバブルが弾けて2010年まで減り続け、そこからまた増加に転じて、2014年には2006年を超えてるんだよね。

バブルと言われている2006年よりも、2014年の方がアニメの制作本数が多いわけよ。

つまりアニメに出資する企業は増えてるわけよね、多分。

 

もう1つ、気になったのは、ビデオパッケージの売上高ね。

確かに2005年をピークに減り続け、2009年以降はほぼ横ばい。

一方、配信の売上高は年々伸びていると。

ビデオパッケージと配信の売上高を合算すると、ピーク時程ではないけどかなり回復してるんだよね。

 

これでなぜ、制作会社の収入が回復しないのか……解せぬ……

 

出資企業が得ているロイヤリティ収入の推移が、私気になりますw