にじ*じゅう

にじ*じゅう

アニメ・マンガのネタが多めです。

このブログは移転しました。移転先→新ブログ

MENU

『甲鉄城のカバネリ』8話感想 美馬様のラスボス感はんぱないwww

話が進むにつれて、美馬様のラスボス感が増していくというwww

無名ちゃんに、甲鉄城の親鍵を取ってこいと命令するあたり、かなり悪いやつなんじゃないかとwww

信頼するしない以前に、あれは菖蒲様が責任を持って管理するものだろwww

 

美馬様の考え方って、『るろうに剣心』の志々雄真実に近いものがあるよね(;゚д゚)ゴクリ…

志々雄真実の魅力って、弱肉強食という信念を貫いて、尚且つ悪役に徹したところだと思うんだけど、美馬様は果たしてどうか……

 

ストーリー的に気になったのは、無名ちゃんは美馬様の指示で金剛郭に向かってたんだよね?

美馬様と再開するのは良いけど、一緒に金剛郭へ行くのは良いのか?

最初から狩方衆全員で金剛郭へ行くのではアカンかったんかね?

あとは、ストーリーが人対カバネから、人対人になってきたね( ^ω^ )

狩方衆(美馬様)と幕府の間に何かありそうだし、それに甲鉄城の面々が翻弄されていくのかな?

 

以下、画像を交えつつ( ^ω^ )

 

生駒の美馬様への疑惑の視線。

f:id:nijinojunin:20160604234203j:plain

 

狩方衆が甲鉄城の乗員をどう思っているのかが分かるよね。

f:id:nijinojunin:20160604234204j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234205j:plain

 

実は働き者の美馬様( ^ω^ )

f:id:nijinojunin:20160604234206j:plain

 

これでカバネをおびき寄せてたけど、なかなかエグい。

f:id:nijinojunin:20160604234207j:plain

 

狩方衆TUEEEEEEEEEEE!!!

部下はバイクなのに、美馬様は馬なのなwww

馬の方が速いのか?

f:id:nijinojunin:20160604234208j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234209j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234211j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234212j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234213j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234214j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234215j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234216j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234217j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234218j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234219j:plain

狩方衆は全員カバネリなのかと思ったら全然違った。

f:id:nijinojunin:20160604234210j:plain

みんなこうなると思ってたんじゃないか?

f:id:nijinojunin:20160604234220j:plain

 

いくら弱いやつは死ぬしかないったって、12歳の子供にやらせるかねwww

しかも人工的にカバネリに(´・ω・`)

f:id:nijinojunin:20160604234221j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234222j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234223j:plain

 

このシーンに美馬様の強烈な悪意を感じるwwwどいてくれwww

f:id:nijinojunin:20160604234224j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234225j:plain

 

美馬様の命令が内心おかしいことに、内心無名ちゃんも気付いてそう。

f:id:nijinojunin:20160604234226j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234228j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234229j:plain

 

なんかやばそうな核(?)だな(;゚д゚)ゴクリ…

f:id:nijinojunin:20160604234227j:plain

 

せっかく信頼関係を築けたのにね(´・ω・`)

美馬様の過去に何があったのかも気になる。

f:id:nijinojunin:20160604234230j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234231j:plain

f:id:nijinojunin:20160604234232j:plain